• ホーム
  • 低用量ピルと子宮頸がんのリスク

低用量ピルと子宮頸がんのリスク

2019年11月10日
心配している女性

日本人が避妊をする手段としてもっとも多いのは、大規模な社会調査の結果などからもコンドームを使用する方法ということがわかっています。
一方で装着をするときに表裏をまちがえてしまったり、取扱いが雑なために見えないような傷がついて破損してしまったりといった失敗がつきもので、こうした失敗が影響して、避妊率としては確実性があるものとはいえなくなっています。
そのため注目されているのが低用量ピルとよばれるもので、女性が正しく服用すれば、ほぼ確実といえるほどの高い避妊効果を発揮することができ、しかも女性が主体で避妊ができるというところもポイントになっています。

この低用量ピルですが、徐々に国内で普及するにともなって、服用による他の病気などの副作用を懸念する人たちもあらわれてきました。
このようなことから、日本産婦人科学会では、低用量ピルの使用について、現場の医師や学識経験者たちを交えた会議を開き、ガイドラインを取りまとめています。
このガイドラインによれば、低用量ピルを使用することによって、たしかに子宮頚がんのリスクが増える可能性があるということについても指摘されているものの、低用量ピルの使用を継続して5年後のグループにはそれほどのリスク増加はみられず、10年後でリスクが2倍になるという結果が示されています。
実際にどれほどのリスクであるかを人口あたりの割合としてを表すと、10万人につき11人となっており、統計的には無視すべきでないとはいっても、感覚的にはそれほど高いとはいえないようです。
もしも長期にわたって低用量ピルを服用するのであれば、念のため定期的に産婦人科で子宮頚部スクリーニングを受けるなどして、がんが発生していないかどうかをチェックするというのが有効です。

関連記事
子宮筋腫の症状の緩和にシート包装の低用量ピルを処方

女性が自らの意思で、確実に避妊ができるといわれている低用量ピル、仕事を持つ女性が増えている昨今において、望まない妊娠をしてしまうという事態は、女性に取ってはこの上なく強いストレスで、最悪の場合中絶手術を選ばなければならなくなると、女性の心と身体を著しく傷つけてしまうことにもなりかねません。そこで最近...

2020年01月17日
避妊で比重を占めている低用量ピルとIUD

今までの避妊方法は、男性の性に頼る比重が大きかったですが、最近では女性主体でできる避妊方法もあります。女性主体の避妊方法で比重を占めているのは低用量ピルとIUDです。低用量ピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。この女性ホルモンの働きにより、排卵を抑え妊娠を防ぎます。低...

2019年12月15日
低用量ピル服用で不妊症になるの?

最近、様々な治療法に取りいれられている低用量ピル、我が国においては、諸外国よりもはるかに遅れながらも、やっと解禁となり、副作用などのリスクを極力抑えながらホルモン治療ができるようになり、女性たちの生活は格段に向上しているといえます。それまでは中用量のピルしか処方されていなかったので、頭痛や吐き気、む...

2019年11月27日